Home > 情報・資料
2011.10.10

最近の改憲をめぐる動き(2011年10月記) 
(憲法9条に関する情報・資料)

2011年9月30日、民主党は、参院議院運営委員会理事会で、改憲原案を審議する憲法審査会について、「委員の選定に着手している。次国会冒頭、早い段階で対応したい」と述べ、委員名簿を提出する考えを示した。 (さらに…)

2011.09.27

最近の改憲をめぐる動き(2011年9月記) 
(憲法9条に関する情報・資料)

⇒ PDF版ダウンロード 最近の改憲をめぐる動き(2)

(1)民主党の前原誠司政調会長
〝自衛隊の武器使用基準緩和や武器輸出三原則の見直し〟発言

(アメリカ・ワシントンでの日米同盟に関するシンポジウム(9/7)での講演における発言)

*政府提出法案の事前了承など、政府の政策決定権を握る位置に格上げされた民主党政調会責任者の発言は、政府の政策を方向付ける意味を持つだけに重大。 (さらに…)

2011.08.08

最近の改憲をめぐる動き (2011年8月記)
(憲法9条に関する情報・資料)

⇒ PDF版ダウンロード 最近の改憲をめぐる動き(1)

自民党・民主党を中心にして、大震災・原発事故を口実に、また、来年4月28日「サンフランシスコ講和条約締結60周年」を、改憲へのあらた一歩としようとする動きが相次いでいる。 (さらに…)

2011.06.17

「九条の会」ニュース 2011年6月8日第148号より 
九条の会 よびかけ人のメッセージ

ともに生きる仲間
鶴見俊輔

九条の会の発起人の人選に、私はかかわっていません。ある日、電話がかかって、こういう会をはじめるが、その発起人になってくれませんか、ということで、即座になりますと答えました。
発起人の会に行くと、そこではじめて九人の顔合わせがありました。
そのうち三人は亡くなりました。加藤周一、小田実、井上ひさしです。 (さらに…)

「九条の会」ニュース 2011年6月8日第148号より 
九条の会 発足7周年記念講演会 報告

平和な未来への「決意」固めあう
「九条の会」講演会に2000人

「九条の会」の発足7周年を記念する講演会は6月4日、東京千代田区の日比谷公会堂で開かれ、全国から会場を埋めつくす2000人が参加しました。東日本大震災と福島原発事故直後という重大な情勢のなかで、岩手、宮城、福島の被災県からも参加者を迎えて開かれたこの講演会では、「未来世代にのこすもの――私たちは何を『決意』したか」のサブタイトルも掲げられ、憲法にもとづく復興と原発からの全面撤退を求める声があいつぎました。 (さらに…)

« Previous | Next »