Home > ポスター・リーフ・DVD
2011.06.27

憲法9条京都の会リーフレット(2011年版) 
「呼びかけ文」ご紹介

人類の平和への羅針盤 憲法9条

日本の明治維新以来の歴史は戦争の連続でした。朝鮮半島の植民地化を足場に中国大陸、東南アジア全域に戦火を広げ、遂には米英等とも無謀な「太平洋戦争」を開始しました。その結果、アジアの人々2000万人、日本人310万人の命を奪い、各地の大空襲、沖縄の悲惨な地上戦、遂には広島・長崎への原爆投下という痛苦の経験を経て、やっと平和を回復しました。

第2次世界大戦末期に誕生した国連憲章は、第7章の例外を除き人類史上はじめて戦争を違法化しました。しかし、その1ヶ月半後には人類絶滅の危機をはらむ核兵器が広島・長崎で使用されました。こうした中で生まれた憲法9条は、国連憲章をさらに大きく前進させ、戦争や武力による威嚇・武力行使を永久に放棄したのみならず、その確かな裏付けとして戦力を持たないことを宣言し、国の交戦権も否認しました。

憲法9条は日本人にとって、「もう戦争は絶対にごめん」という心の底からの叫びであり、「アジアの人々に二度と銃口を向けてはならない」という固い誓いです。それは日本のみならず21世紀の人類を平和に導く羅針盤です。

あなたも憲法9条の輪に

東日本大震災は言葉に尽くせない甚大な被害をもたらしました。深刻な放射能汚染をもたらした原発事故は、原発の本質的な危険性を露わにしました。いのちと暮らしを何より大切にする憲法の立場で対処することが強く求められています。また、戦後、自衛隊が外国人を直接の武力行使で殺さずに今日まで来れたのは、まぎれもなく憲法9条のおかげです。この素晴らしい憲法9条を広める動きが世界各地にひろまりつつあります。

しかし残念ながら、自衛隊を自由に海外派兵して「戦争ができる国」にしよう、そのために憲法9条を改悪しよう、あるいは解釈によって憲法9条を空洞化しようという人たちがいます。「何としても憲法9条を守り生かしたい!」との想いで、「憲法9条京都の会」は、さまざまな活動をしています。
ぜひ、あなたも憲法9条の輪に!!

リーフレット見本はこちらからご覧になれます。

憲法9条京都の会 事務局
2011.05.11

5・3憲法集会in京都(2011年)報告 
大震災のもとで、「生かそう憲法 守ろう9条」の思いを
新たにした5・3憲法集会に2400人超の府民がつどう

3・11東に本題震災・津波と福島原発事故の大惨事で、犠牲となられた方、今なお避難を余儀なくされておられる方々はじめ被災されたすべての方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

日本国憲法施行64年を迎えた今年の憲法集会は、東日本大震災と原発事故による甚大な被害がますます深刻化するもとでの開催となりました。 (さらに…)

5・3憲法集会in京都(2011年) 集会宣言

2011年3月11日、巨大な地震が発生し、とてつもない津波が押し寄せ、未曽有の自然災害をもたらしました。この災害による死者及び行方不明者の数は3万人近くに達し、避難者も13万人を超えています。人々が住み、働き、営業し、学び、成長し、そして医療や福祉を受けてきた日常生活が、一瞬にして奪われました。
加えて、この大災害によって福島第1原子力発電所の事故が発生し、爆発によって大量の放射性物質が放出されました。現在も、極めて深刻かつ危険な事態が続いています。そのために、現在及び将来にわたり、人々の日常生活が根底から脅かされる重大な事態になっています。 (さらに…)

2011.03.09

5・3憲法集会(2011年)への賛同のお願い 
賛同用紙ダウンロード(PDF)

賛同用紙ダウンロード(PDFファイル)

私たちは、日本を戦争のできる国にする動きには反対ですし、いかなる国の戦争にも加担したくありません。また、アジアや世界の平和のために、積極的に貢献していきたいと考えています。その際の指針は、悲惨な戦争体験に基づいて二度と戦争はしないと誓った憲法9条です。この憲法9条を守り、生かしていこうと、5月3日に「生かそう憲法 守ろう9条 5・3憲法集会in京都」を開催致します。 (さらに…)

2011.02.16

2011年「5・3憲法集会」 
梅原猛さん(憲法9条京都の会代表世話人) 講演 決まる!
「憲法9条への想いと茂山千之丞さんへの哀悼(仮)」

今年の5・3憲法集会の準備が始まりました。メインとなる企画として、憲法9条京都の会の代表世話人で「九条の会」の呼びかけ人のお一人である梅原猛さんが、講演を承諾されたことが報告されました。梅原さんは、当初茂山千之丞さんとの対談を構想されていましたが、茂山さんが亡くなられたことをふまえ、「憲法9条への想いと茂山千之丞さんへの哀悼」を語ることで、集会参加を引き受けられました。 (さらに…)

« Previous | Next »